2015年05月02日

東北六遊祭+α

明日じゃないですか!よしえです。

明日5月3日は「東北六遊祭」の日です。
わたくしよしえもお手伝いとして山形に向かいます(書いてる段階では東京)。

JDC…あるいはそれ以上に、普段みなさんが参加している非公認大会・CSとはまた違った特別なイベントになると思いますので、
来ましょう。
サプライはじめ、物販も強い!


◎Tシャツについて

2015y05m02d_210245112.jpg



強い物販の中でも、特にオリジナルTシャツに注目!!
な、なんと…

CDCg3d3UIAIR7Ha.png

よく見てみると下にちっちゃく「じゅらっくらっく」の名が!
まるでスポンサーみたいだあ…
お客様の中にじゅらっくらっかーがいたら買おう(提案)(1800えん?)

当日はスタッフTシャツを着て動き回っている予定です。
楽しくデュエルできるイベントになるよう、サポートできればと思います!よろしくお願いします><


◎新PRB
91B3D020-6789-4C12-98AC-8119540307C0.png

先日ついに「パーフェクトルールブック2015」が発売されましたね。
なんと書籍を買うと「ジャンプ+」で閲覧できる電子書籍版もタダで手に入る…!
明日もiPadでこれ持ち歩けるの激熱すぎてテンション上がっちゃいます。
出来も前回の内容を継承しながらさらに充実のルールブック。これは素直に買うしかない!
posted by よしえ at 21:20 | Comment(0) | OCG(大会関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ラスターセフィラ】

56861578.jpg

明日のデッキレシピ提出は

ガチャログが便利だゾ





モンスター(23枚)
星因士 デネブ
終末の騎士
BF−精鋭のゼピュロス
シャドール・ヘッジホッグ×2枚
シャドール・リザード×2枚
シャドール・ファルコン×2枚
イェシャドール−セフィラナーガ
覚星輝士−セフィラビュート×3枚
竜星因士−セフィラツバーン×3枚
オルシャドール−セフィラルーツ
秘竜星−セフィラシウゴ×3枚
竜剣士ラスターP×3枚

魔法(10枚)
おろかな埋葬
影依融合
増援
テラ・フォーミング
ハーピィの羽根帚
ブラック・ホール
神の写し身との接触
セフィラの神託×3枚

罠(8枚)
激流葬×3枚
貪欲な瓶
ブレイクスルー・スキル×2枚
神の警告
セフィラの神撃

エクストラデッキ
エルシャドール・ミドラーシュ
エルシャドール・シェキナーガ
メタファイズ・ホルス・ドラゴン
邪竜星−ガイザー
輝竜星−ショウフク
爆竜剣士イグニスターP
星輝士 デルタテロス
鳥銃士カステル
星守の騎士 プトレマイオス
No.39 希望皇ホープ
ラヴァルバル・チェイン
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング
星輝士 セイクリッド・ダイヤ
セイクリッド・プレアデス
セイクリッド・トレミスM7


生きています!よしえです。
今回は《竜剣士ラスターP》入りの【セフィラ】を少しだけ紹介しますー。

◎ラスターPとセフィラ
《竜剣士ラスターP》
ペンデュラム・チューナー・効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1850/守   0
【Pスケール:青5/赤5】
(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在する場合に発動できる。
そのカードを破壊し、そのカードの同名カード1枚をデッキから手札に加える。
【モンスター効果】
このカードを素材として、「竜剣士」モンスター以外の
融合・S・Xモンスターを特殊召喚する事はできない。

COREではセフィラの新規がまさかの0でげんなり…というのは本当の話ですが、実は違う場所から地味ーにサポートを得ていました。
それが《竜剣士ラスターP》であり、
Pゾーンの《秘竜星−セフィラシウゴ》を破壊して同名カードをサーチ、再び発動してペンデュラムを行ってシウゴの効果起動ができ、
このカード+シウゴの2枚でデッキのエンジンを始動させることができる画期的なカードです。

本来はスケール1←→7でセフィラを展開していくのに、ラスターPだと1←→5or5←→7で進むので違和感を覚えそうなものですが、それ以上に必要札を少なくして回せるというのがとてもうれしい。。。

《竜剣士ラスターP》はシウゴ以外のペンデュラムモンスターも増幅させることができるので、
シウゴのあるなしを問わずセフィラモンスターをエクストラに溜めこんで、《セフィラの神撃》の準備を整えることにも向いています。
先攻展開だとシンクロ以外でエクストラにセフィラを溜めるのが困難だったこともこれで一応の解消ができています。
(といいつつも事故がこわいのでサーチできる神撃はピン。増やしたさもある)
そのため今回は《覚星輝士−セフィラビュート》《竜星因士−セフィラツバーン》はフル投入です。

あ、あとシンクロモンスター《爆竜剣士イグニスターP》はかなり強いです。
2850という高い攻撃力や
《スクラップ・ドラゴン》+《レベル・スティーラー》を彷彿とさせる自己完結もできる強力な効果持ちで、
さらにペンデュラムデッキ同士の対決だと物凄いアドバンテージを稼げるモンスター。相手に使われるのもヤバイ!!


◎羽根帚との対話
(もちろん状況によりけりなのですが)相手の《ハーピィの羽根帚》貰ったら即ゲーム終了、というわけでもありません。
《秘竜星−セフィラシウゴ》で始動してスケールが残りがちなので羽根帚や《励輝士 ヴェルズビュート》もらうのは茶飯事ではあるものの、
破壊されたスケールも次のスケールが整えばP召喚へとつながるので、
シウゴ及び《セフィラの神託》は後続のことも考えて大切に使います。

先述の《セフィラの神撃》もあるっちゃあるのですがそこまで信頼できるわけではないので、《セフィラの聖選士》《セフィラの輝跡》などの永続寄りのタイプはちょっと厳しいかも。


◎融合少なめ、ほか多め
エクストラ15枚というのがいい加減キツイ今日この頃です。
浅く広く楽しむのがセフィラの一番良いところなので3色のEXカードをまんべんなく使えるように頑張りましょう。
といいつつ「ホープ」のギミックか《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》はあるとないとで全然相手への対処の幅が違うのを痛感。。。ここで数枠とられるのもまたきつい。

シャドールの強みでもある再生するかのような融合のしぶとさが最大限出せませんがそこは我慢です…《エルシャドール・ミドラーシュ》は2枚は欲しいけど…
《エルシャドール・ネフィリム》禁止が大打撃ではあるものの、レベル4で安定したステータスと相手の盤面破壊という直接的な効果は必要なのでテラナイトギミックは結局抜けられませんでした。ネフィリムは早いとこエラッタでもして帰ってきて欲しいですね…。


◎そんなに弱いわけじゃないけど…
《秘竜星−セフィラシウゴ》に関してはP召喚と破壊がトリガーでありうまいこと行けばお互いのターンでサーチができるので、9期テーマならではの強いカードです。

ただし、

動くのにスケールを含めた複数枚のカードを要求していること

ペンデュラムと相性の良いシンクロのためのチューナーが用意しづらいこと(今回もシャドールギミックに頼っている)

わかりやすいアドバンテージ獲得ではないケースも多いこと

など、
まだまだこれからに期待、というような印象を受けます。

9期の他テーマと比べて、一点集中の強さがあるわけでもない、裏を返せばいくらでも混ぜ物は作れるという風変わりのテーマです。
今後セフィラどういう新規が出るんだろうなーと思いつつ次のパックに期待を馳せつつも、ラスターPはとりあえず買っといたほうがいいよというお話でした。


セフィラの個別ごとのカード紹介はまたの機会に…><;
posted by よしえ at 06:22 | Comment(0) | OCG(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

【セフィラ】(旧制限)

2015y03m19d_003308249.jpg

モンスター(24枚)
星因士 アルタイル
星因士 デネブ×3枚
終末の騎士
カオス・ソルジャー −開闢の使者−
シャドール・ヘッジホッグ×2枚
シャドール・リザード
エフェクト・ヴェーラー
シャドール・ファルコン×2枚
イェシャドール−セフィラナーガ
宝竜星−セフィラフウシ
覚星輝士−セフィラビュート×3枚
竜星因士−セフィラツバーン×2枚
オルシャドール−セフィラルーツ×2枚
秘竜星−セフィラシウゴ×3枚

魔法(10枚)
おろかな埋葬
影依融合×2枚
増援
ハーピィの羽根帚
サイクロン×2枚
セフィラの神託×3枚

罠(8枚)
激流葬×2枚
貪欲な瓶
ブレイクスルー・スキル
神の警告
神の宣告
セフィラの神撃×2枚

エクストラデッキ
エルシャドール・ミドラーシュ
エルシャドール・ネフィリム
エルシャドール・シェキナーガ
メタファイズ・ホルス・ドラゴン
邪竜星−ガイザー
輝竜星−ショウフク
スターダスト・ドラゴン
星輝士 デルタテロス
鳥銃士カステル
星守の騎士 プトレマイオス
ラヴァルバル・チェイン
始祖の守護者ティラス
星輝士 セイクリッド・ダイヤ
セイクリッド・プレアデス
セイクリッド・トレミスM7


card100017667_1.jpg


かなしいなあ…


<どんなデッキか>
シンクロ融合エクシーズを広く浅く行える楽しいデッキです。
ネフィ禁止だとタッチシャドールのデッキというものの感触が明らかに違うので深く喋るのはやめときます。
文に起こすのが面倒なわけではないのです。。。

召喚方法とかも豊富ですが、チェーンの組み方うんぬんも考えることが多かったりして楽しいテーマです。楽しい(3回目)


<今後の展望について>
ネクロスのPモンスターをサーチできる《ブリューナクの影霊衣》も規制されてしまったので、
安易にネクロス補充しとけばいいかというとそうでもなさそうです。
もっと構築の根本が変わりそうな。正直「新規に期待」状態です。


<テラフォ>
この構築には《テラ・フォーミング》が入っていません。
今回は比率を多めにして直接Pモンスターを握ったり、
《星因士 デネブ》や《シャドール・ヘッジホッグ》に触れるカードを採用して《セフィラの神託》を経由せずともPを揃えられる構成にしてあります。

《秘竜星−セフィラシウゴ》が回りだすと《セフィラの神託》を連発することも多く、ターン1の神託を多く握ろうとするためのテラフォがいかんせん無駄になってしまうケースも考えてのことでした。
テラフォ入れるなら《貪欲な瓶》もうちょい入れてみたいですね。《セフィラの神撃》といっしょに回収!
《貪欲な瓶》は40枚のデッキに1枚足すとおしゃれにみえそうなファンデッカーの心をくすぐるカードですね。
posted by よしえ at 01:14 | Comment(0) | OCG(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

そーと

♪L( ^ω^ )┘└( ^ω^ )」♪

訂正版

更新版

(リセマラ用:決戦ヴァニラ除外)

シュトロハイム入ってました


(P+ちひろ+姉ヶ崎追加)
posted by よしえ at 00:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

「無効の上書き」(2015.2)

テーマ:「無効の上書き」


[[要点]]
(1)《スキルドレイン》の効果ですでに効果が無効になっているモンスターに対して、
下記のカードを使用できるか
(2)下記のカードを使用した際にチェーンして《スキルドレイン》を発動し効果処理時に対象モンスターの効果が無効になった場合、
そのモンスターはどのカードの効果で効果が無効になっているか

をそれぞれ無効化効果を持つカード毎にまとめます。


★★★注意事項:読んでね★★★

※どのカードの効果で効果が無効になって何が変わるのかにも通ずる話
分類が大変になってしまうので
《エフェクト・ヴェーラー》タイプの効果無効を「単発」
《スキルドレイン》タイプの効果無効を「永続」
と表記します。
効果処理時に発動したモンスターがフィールドに存在しないときの処理が異なります。wikiみてね
《機殻の再星》などは複雑なのであとで書きます

※対象取る取らないがカードごとに変わるので、
効果無効のターゲットを「該当モンスター(の効果)」と表記します。

※別処理系の効果は基本的に「タイミングが同時か別か」は考えずに進めます。ほとんど問題ありません。

※「そのモンスターが《スキルドレイン》で無効になるじゃん」などのつっこみは《禁じられた聖槍》などでケアしてください。また《スキルドレイン》でなく「永続」タイプに置き換えても大丈夫みたいです(後述)

※あくまで自分で勝手に「単発」「永続」とか「無効の上書き」とか言っているだけで、公式なものではありません。

★★★注意事項:おわり★★★


(再掲)
(1)《スキルドレイン》の効果ですでに効果が無効になっているモンスターに対して、
下記のカードを使用できるか
⇒発動できる、できない
(2)下記のカードを使用した際にチェーンして《スキルドレイン》を発動し効果処理時に対象モンスターの効果が無効になった場合、
そのモンスターはどのカードの効果で効果が無効になっているか
⇒その処理についての説明をします。



[1]単発

A.該当モンスターに対して「効果を無効にする」だけの効果
《エフェクト・ヴェーラー》《魁炎星王−ソウコ》

(1)発動できない
(2)効果適用されない。《スキルドレイン》によって無効化されたままの状態になっている

これは周知の事実となっているかと思います。
《スキルドレイン》《デモンズ・チェーン》によって《エフェクト・ヴェーラー》による無効化を回避することができます


A’.↑の類似:「別の行動をして、そのあと該当モンスターの効果を無効にする」効果(Bとは異なる)

《RUM−ヌメロン・フォース》の場合
1.モンスター:スキドレで無効   スキドレ:適用中
この状況がヌメロンフォースの効果ですべてのカードを無効にするので、

2.モンスター:Aと同様スキドレで無効になったまま  スキドレ:ヌメロンによって無効化
まずこの状況になります。
そしてスキルドレインが無効になったので、

3.モンスター:効果適用可能    スキドレ:無効化

結果的にはこのような状態となります。
参考:昔の記事(ステマ)



B.該当モンスターに対して「△△して、効果を無効にする」効果
《禁じられた聖杯》《クラウソラスの影霊衣》《霞鳥クラウソラス》
(備考:攻撃力0のモンスターに対して《霞鳥クラウソラス》は発動できない

(1)発動できる
(2)効果を適用し、聖杯であれば攻撃力を上昇させ、その後《禁じられた聖杯》の効果で効果を無効化する

このケースを「無効の上書き」と呼ぶことにします。
《スキルドレイン》ではなく《禁じられた聖杯》の効果で無効にしているので、
効果処理時にフィールドから離れている場合でも無効化されるなど、「無効の上書き」によって戦略面でも重要な変化が発生します。


C.該当モンスターに対して「効果を無効にして、△△する」効果
《煉獄の落とし穴》《もの忘れ》《スターライト・ロード》《フォトン・ストリーク・バウンサー》
《魔轟神獣ユニコール》(チェーンに乗らない)
×《天罰》:「発動」を無効にしている

(1)発動できる
(2)処理時に効果を無効にできないため、後続の処理は行わない

無効にできないと《スターライト・ロード》だったら破壊しないしスターダストも出しません。


C’.該当モンスターに対して「効果無効と並行して△△する」効果
(Cとは異なり、無効にできなくても△△は適用される群)
《神竜騎士フェルグラント》《No.107 銀河眼の時空竜》《帝王の凍志》

(1)発動できる
(2)効果を適用。《神竜騎士フェルグラント》の効果で効果を無効化し、後続の効果も適用する。

C’はBと同じく上書きをするようです。
カッコ内の「無効にできなくても〜」とは、通常モンスターなどが効果の影響を受けるケースです。

《ならず者傭兵部隊》が《デモンズ・チェーン》で無効になっているときに《神竜騎士フェルグラント》の効果対象となった場合、そのターン中《ならず者傭兵部隊》の効果を発動しても無効化される。
(2015/2/26)




[2]永続

※永続に永続を重ねて無効にする場合は、どちらの効果で無効になっているのかは公式も教えてくれないしそこまで重要な問題ではない。
片方がフィールドを離れるともう片方が該当モンスターを無効にするためである。
ただ、無効と付随した他の効果をどう扱うのかを確認したい。

(A.永続的な無効化のみ)
《ユニコールの影霊衣》《D−HERO Bloo−D》、あと《スキルドレイン》


B.該当モンスターに対して「効果を永続的に無効化し、△△もする」効果
《デモンズ・チェーン》《No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド》

(1)発動できる
(2)《デモンズ・チェーン》の効果は適用され、該当モンスターの効果は無効になり(結局同じ)攻撃ができない

類例:
Q.
自分の《励輝士 ヴェルズビュート》が《No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド》の効果によって効果を無効化され表示形式が変更されない状態です。
このときその《励輝士 ヴェルズビュート》に対してを使用することはできますか?
また《デモンズ・チェーン》が使用できる場合、その《励輝士 ヴェルズビュート》は攻撃・表示形式の変更をすることはできますか?
A.
《No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド》の効果が適用されている《励輝士 ヴェルズビュート》は、攻撃宣言を行う事ができる状態ですので、
《デモンズ・チェーン》を発動し、攻撃できないようにする事ができます。
ただし、《No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド》の効果と《デモンズ・チェーン》の効果の両方が適用されますので、《励輝士 ヴェルズビュート》は効果が無効化され、攻撃できず、表示形式の変更ができなくなります。

《No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド》と《デモンズ・チェーン》の効果の両方が適用されるようです。
よって片方の効果でもう片方の効果を潰さないことがわかります。


B’.「△△して、該当モンスターの効果も永続的に無効にする」効果
《愚鈍の斧》

(1)発動できる
(2)《愚鈍の斧》の効果は適用され、攻撃力が上昇し該当モンスターの効果は無効になる


C.該当モンスターを「特殊召喚して、その効果を無効にし続ける」永続カード
《ウィキッド・リボーン》《化石発掘》
Cは、Bと同様に処理をします。《ジャンク・シンクロン》タイプとは異なります。


ということで[2]群はルールが固定されているので、
[[要点]]の《スキルドレイン》は[2]群のカードに置き換えても問題なさそうです。



★逆は?=単発に永続は上書きできるのか

Q.
既に《エフェクト・ヴェーラー》や《禁じられた聖杯》で無効化されている《ならず者傭兵部隊》に対して《デモンズ・チェーン》を使用しました。
その場合《ならず者傭兵部隊》の効果を発動して適用することはできますか?
A.
その状況にて、自身をリリースして《ならず者傭兵部隊》の効果を発動しても、その効果は無効になります
(2015/2/27)

単発系の無効に、永続系の上書きはできないようです。
例外があるかもしれません。要確認。



[3]《機殻の再星》+α

仲間:《破邪の刻印》

(1)発動できる
(2)《スキルドレイン》でなく《機殻の再星》の効果で無効にする。また(2)の場合は除外効果も付随する

Q.
フィールドに《スキルドレイン》と《機殻の再星》が両方存在する場合に自分は《ならず者傭兵部隊》を召喚しました。
召喚成功時に《機殻の再星》の効果が発動したのちに《ならず者傭兵部隊》の効果を発動した場合、効果は適用されますか?
A.
その場合《ならず者傭兵部隊》は《機殻の再星》の効果で無効になっているため、効果は適用されません。
(2015/2/26)


リクリフォートの無効化範囲は(1)と(2)どちらも[1]の単発(ヴェーラー)と同じですが[1]と処理が異なり、
《機殻の再星》が無効を上書きする裁定になっています。
(2)はその後除外の付随効果も付くからかな〜と思ったら(1)には何もないのでやはり[3]は例外的な扱いなのかなーと現状では思っています。



とりあえずここまでまとめてみました。
裁定など不備がありましたら、報告していただけると幸いです。
posted by よしえ at 00:30 | Comment(1) | OCG(ルールあれこれ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする