2222年06月24日

じゅらっくらっくへようこそ(トップ記事)


こんにちは!OCGブログ「じゅらっくらっく」へようこそ。

はじめてこのブログを読む場合は、こちらもあわせて読んでいただけると幸いです。
自己紹介等記載しております。

【続きを読む】
posted by よしえ at 00:00 | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2220年03月15日

変換辞書を始めました

こんにちは、よしえです。
3月7日から
OCGカード名変換辞書の公開をスタートしました。

私自身、かねてよりめたつぼさんのところのユーザー辞書ツールの愛用者で、
遊戯王リサーチさんに代替わりしたりなんやかんやありましたが、
とりあえず今は自分がやろう!ということではじめました。
張り切りすぎずにゆっくり更新できそうなので、途切れないようにだけ気を付けて頑張ります。
ツイッターのハッシュタグは「#OCG_henkan」です。なにとぞなにとぞ。

☆ツール
こちらのツールをまんま利用させていただいてます。
あらためてMtGの有志の動きの強さを思い知る…変換辞書も手厚いですからねあちらは。
かぎかっこ《》形式ならそっくり流用できるので、
ほかのTCGでも使えると思います。

シャドウバースの変換辞書もやろうかなーと思いましたがあんまりやること増やしてもしょうがなく、
需要の有無もよくわからないので、やりたい人がいたら参考程度にどうぞ。
3か月に1度新規追加のペースなら、やろうと思えば全然無理ではないはず…。
遊戯王はちょっと新規追加ペースが早いです。10期以降も相変わらずのペースみたいです。


☆閲覧サイト
単語入力の際はカードwikiも もちろん利用するわけですが、
それ以上に「hideの部屋」の時系列ごとのカード掲載がめちゃくちゃ助かりました。。。
情報をこつこつ累積することの大切さが、SNSではなくブログやホームページの大きな利点として目立ちます。
今回の変換辞書サイトはホームページにしてみました。
jimdo使いやすっ!と感心していました。
果たしてこれからブログやHP文化は遊戯王でどれだけ復活していくのか…。
それに応じて変換辞書の需要も上がるとは思っているので、力添えができたらなと思います。
posted by よしえ at 13:50 | Comment(0) | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

明日買うものリスト

あ、こんにちは。よしえです。
ドラフトが楽しい。

揃える
《牙狼の双王 ロムルス−レムス》
《輝銀の天空船−レオ号》?
《古神ハストール》
《ランスフォリンクス》
《魔サイの戦士》
《月鏡の盾》
《小人のいたずら》
《ロケットハンド》
《盾航戦車ステゴサイバー》
《恐撃》
《タイフーン》
《量子猫》

《苦渋の選択》
Vジャンプのアレ


乞食する
《伝説の預言者マーリン》


実は強めの汎用カードとPカードが一気に増えるので、ドラフトマンとしては要注目のパックです。
恐竜が1年と数か月ぶりに収録されてうれしいなあ…
posted by よしえ at 20:42 | Comment(0) | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

「遊戯王OCG検定テスト」雑感

こんにちは、よしえです。
《ジュラゲド》を買いました。情弱なので756えんで買いました(小並感)


きょう6月7日は「遊戯王OCG研修」の日です。
せっかくなので自分は「遊戯王OCGルールマスター研修」「遊戯王OCGインストラクター研修」りょうほう受けてきます。
内輪ネタに事欠かない第一回目、自分は不参加だったが若干の進歩があったらしい第二回目を経て、
後述するように敷居もかなり下がって参加人数もかなり増えているであろう三回目は果たしてどんなイベントになっているのか…。
今まで探り探りだったこなみ側の様子も楽しみです。


さて本題。
その研修の前の「遊戯王OCG検定テスト」について少しだけお話します。
今回のテストは、率直に言うと前回前々回より簡単でした。
1回目皆が悩んだ「フロアルール関連」はほとんどなくなり、2回目のただただ複雑な「カードルール関連」はかなり難易度が下がったり、実戦でも触れられる場面だったかなと思います。


ただ問題の中で少し意識すべきだったことは、「非公式用語」という存在でしょうか。
かつてより複雑だった遊戯王のルールをわかりやすく考えるためにユーザーから生み出される用語というのは多く存在していますが、それって本当に公式のルールブックに載ってるの?というお話です。
ルールの電話確認のときについつい「除外ゾーン」とか「○○○○○○○○」とか非公式用語を出してしまいがちですが、(正直事務局側も把握できるものでしょうけれども)できるだけわかりやすく状況や質問を投げるべきでしょう。そこで事務局側を下手に困惑させても誰も得はしませんからね。。。


また非公式用語とは少し話が別ですが、「簡潔にルールを尋ねる」こともルール確認の際にはまた重要です。
「自分がバトルステップに《霊滅術師 カイクウ》で相手プレイヤーを直接攻撃したときに相手は《聖なるバリア−ミラーフォース−》を発動しそれにチェーンして自分は《魔導書士 バテル》を見せて《セフェルの魔導書》を使用し《トーラの魔導書》の効果を得ることは可能ですか?…」などといちから状況を伝えるよりも
「《セフェルの魔導書》の対象に《トーラの魔導書》を指定できますか」とだけ言えばよかったりします。できねーよ!

そのあたりの線引きは慣れでどうとでもなります。
「事務局回答がおかしい!事務局クソ!」とか言う前に(心を落ち着かせて)状況を整理して、核心部分だけを尋ねることを心がけることも大切です。それでも変な裁定飛び出して来たら正直しょうがない。
またプレイヤー間やプレイヤーとジャッジの間においても状況整理は大事で、ちゃんと考えたらジャッジ呼ぶほどでもなかったねーとなれば一番スムーズです。


少し長くなりました。
同日の非公認大会や某感謝祭や某ファンミーティングも気になりますが、こちらを優先していきます。
本日は何卒よろしくお願いしますm(_ _)m オシャベリシマショウ
posted by よしえ at 08:07 | Comment(0) | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

機関車新規

SECE-JP085「重機貨列車デリックレーン」星10 地 機械族 2800/2000
「重機貨列車デリックレーン」の@の効果は1ターンに1度しか使用できない。
@:自分フィールドに機械族・地属性モンスターが召喚・反転召喚された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になる。
A:X素材のこのカードがXモンスターの効果を発動するために取り除かれ墓地へ送られた場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

SECE-JP086「No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ」星10 地 機械族/エクシーズ 3200/4000
レベル10モンスター×2
@:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで、そのモンスター以外のカードの効果を受けない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

SECE-JP087「転回操車」フィールド魔法 
「転回操車」の@Aの効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
@:自分フィールドに機械族・地属性・レベル10モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから攻撃力1800以上の機械族・地属性・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚されたモンスターのレベルは10になる。
この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける戦闘ダメージは0になる。
A:自分の手札を1枚墓地へ送って発動できる。デッキから機械族・地属性・レベル10モンスター1体を手札に加える。


新弾のSECEの機関車シリーズです。見事に外れの無い強化ですね。
「ランク10を出すテーマ」としてようやく本格的に始動できるかなといったところです。
解説を入れる以前に、素直に強いカード揃いですね。
気になるところは「転回操車」の1の効果が果たして相手ターンに使えるのかという点。
《除雪機関車ハッスル・ラッセル》との兼ね合いが強さを左右します。


今までの構築はあくまで《マシンナーズ・フォートレス》を最大限に動かすための機関車の役割が強かったので、デッキ方針そもそもが変わりそうです。といいつつもマシンビートも強化されているという。。。選択肢が一気に増えて悩ましいところ。
せっかく既存パーツはあるので触ってみようかなと思います。
正直機関車の情報が出るまで1ミリも新弾興味なかった

posted by よしえ at 21:58 | Comment(0) | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする