2016年09月23日

「対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン/Super Anti-Kaiju War Machine Mecha-Dogoran」について

card100040119_1.jpg

《対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン》 
特殊召喚・効果モンスター 
星8/光属性/機械族/攻   ?/守2000 
このカードは通常召喚できない。 
相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合に特殊召喚できる。 
(1):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。 
(2):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。 
自分の手札・墓地から「壊獣」モンスター1体を選んで装備カード扱いとしてこのカードに装備する。 
(3):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備した「壊獣」モンスターの元々の攻撃力分アップする。       


今回触れるのは「壊獣」モンスターの1体メカドゴランです。       


◇特殊召喚モンスター 

《対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン》(以下、メカドゴラン)は、 
正規の手順で手札から特殊召喚しなければならない「特殊召喚モンスター」です。 
そのため、正規以外の効果では特殊召喚できず、 
特に 《妨げられた壊獣の眠り》で特殊召喚できないことが話題となりました。       



2016y09m23d_164858723.jpg

”「対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン」は特殊召喚モンスターとなりますので、 
特殊召喚を行う際にはテキストに記された方法によって手札から特殊召喚する必要があります。  
したがって、「妨げられた壊獣の眠り」の効果によってデッキから特殊召喚する事はできません。” 
⇒ 



◆米版テキストは…?    

メカドゴランの米版テキストにおいては、    

”Cannot be Normal Summoned/Set. 
If your opponent controls a "Kaiju" monster,  
you can Special Summon this card (from your hand). ”    

というテキストになっています。       


一般に米版テキストにおける特殊召喚モンスターの表記は、以下のようになっています。    

BlueEyesAlternativeWhiteDragon-MVP1-EN-UR-1E.png

《青眼の亜白龍》  特殊召喚・効果モンスター    

”Cannot be Normal Summoned/Set. 
Must first be Special Summoned (from your hand) 
by revealing "Blue-Eyes White Dragon" in your hand. ” 

(このカードは通常召喚できない。手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。)       

Must first be」というフレーズによって、 
最初は正規の手段で特殊召喚して、蘇生・帰還はOKという表現を用いており、 
これによって特殊召喚モンスターの識別が可能となっています。 

(「のみ/Nomiモンスター」の場合はfirstが抜ける)       


ということで、「Must (first) be」の表記が無いため、 
メカドゴランは特殊召喚モンスターではないということになっています。    

北米で先行リリースされている環境では、《妨げられた壊獣の眠り》とのコンボが可能だそうです。 
《ブラック・ホール》を放った後に 
攻撃力0のメカドゴランを送り付け、同時に巨大な壊獣で攻撃してライフを削るのは、 
そこそこ優秀なコンボ…のはずでした。       



◆誤訳??    

card100040146_1.jpg

要するに、《メタル・ドラゴン》のテキストにおまけで特殊召喚効果が付いたモンスターのはずですが、 
来日の際には別人になってしまい、コンボを不成立させる結果となりました。    

同パック「EXTRA PACK 2016」では、
発売前に   《バージェストマ・ディノミスクス》誤訳によるテキスト置き換えが公式アナウンスされ、話題となりました。 
除外できるのが「カード」「モンスター」と違ってくるのは、戦術的にも大いに変化があります。    

メカドゴランについては、同様に誤訳…とはいかず、カードシステムの解釈違いが生んでしまった結果と言えます。 
もし米版テキストにも明確に「特殊召喚モンスター」の表記が行われていたら、メカドゴランはしっかりと来日していたのでしょうか…。   


《トゥーン・キングダム》とはまた違った形でモヤモヤを残すことになってしまった今回のパック。  ルール整備については順当に進んでいると感じていたのですが、  まだまだ完全というわけにはいかないようです。



結構強いコンボが使用不可になっちゃったけど…このモンスター、どうやって使うんでしょうね?
posted by よしえ at 20:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

2015年のアイドルアニメ

今年は「アイドルマスターシンデレラガールズ」にドはまりしました。

導入にインパクトがあり、ライト層を一気に引き込んだラブライブや
女児アニメ特有の自由さと健全さ物語の明るさが大きなともだちに癒しを与えるアイカツなど
いろんなアイドルアニメを観てきましたが、
デレマスについては「コンテンツの化け物加減」に常々圧倒されて今では大ファンになってしまいました。


・ラブライブ劇場版
アニメ論評で今年もっとも印象を残したのは間違いなくこの記事。

当時民度の問題でも騒がれていた「ラブライバー」ですら目立った反発をしなかったほど、
またラブライブを見ていない人にすら説得力を感じさせる内容でした。

「紐の神様」やライトな百合モノといった、ある意味で女性キャラを記号化してコンテンツを「消費」していた時代につくられたラブライブアニメの完結編は、賛否を伴ったものでした。
大事なのは、自分がどう思ったか、なので、他人の意見に流されることなく、かつ無視することもなくコンテンツを楽しめばいいと思っています。
先述のとおり多くのライト層を引き込んだ作品であり、「アニメなんてそんなに深く考えずに楽しめばいいんだよ」と思っている人もいるはずなので、楽しみ方は千差万別です。
劇場監督あいさつでは「ライブシーンを楽しんでほしい」という話もあったので、まあ…………………………………いろんな楽しみ方があるのでしょう。
俺の感想なんて書く必要もないでしょう。


・アイカツ3期→4期
アイカツ3期は大空あかりちゃんが主人公のバトンを引き継ぎ、同級生、後輩と共になんか頑張るアニメでした。
すごい才能をもって順当な成長をしていった星宮いちごちゃんとは真逆だったからこそ本当に魅力的だった「2期」のあかりは3期ではあまり見られなくなっていて、
3期途中で公開された劇場版ではあかりはサポート役ということもあって、本当にバトンを受け継ぐ主人公をまっとうした…という印象を受けます。

4期ではかつてのあかりちゃんを振り返りながら真の主人公あかりちゃんが蘇りつつあるので注目です。
終着点がどこになるのかわからないのもドキドキです。かえユリ。


・デレマス
このアニメに関しては、
リアルタイムで視聴してオタクの解説ツイートも見ながら見直して、1期が終わったらポチポチゲーを少し楽しんでキャラの特徴を抑えながら2期に出てきそうなキャラの勉強もして二次創作も楽しんで、2期を迎えるという楽しみ方を自分自身がしていたので、
ソシャゲの販促もののアニメという側面を持ちながらもアニメ自体作りが非常に丁寧でサイドコンテンツも充実しておりどこまでも楽しめるという、まさに「化け物」「怪物」コンテンツにただただ圧倒されていました。
ライブも現地なら行きたかった。

反面アニメから入った人間として自分は「プロデューサー」ではなく「ファン」なのかなと感じます。
ゲームからこよなくデレマスを愛しているPたちとアニメ勢では思うところもそれぞれあるみたいで、
ゲームを遊ぶ様子や課金への姿勢もまた違うものでした。
アニメについても、全体を通して個人的には大往生レベルの満足感を得られたのですが、
そこもまた人それぞれの意見を持っていて、この作品ですら賛否が分かれるのか…とある種の絶望感も味わいながらアニメの終幕を見送りました。

アニメはアニメでしっかりと完結したものだったので、劇場版は無いといいな〜と思いました。
不完全な部分は妄想で、二次創作で、ちょっとした付けたしだけで楽しめるはずです。



結論
・楽しんだもの勝ちである
意見は他者に押し付けるものではなく、納得させるものを目指す


意見を共有しやすくなった現代だからこそ、楽しむのはあくまで自分であることを忘れちゃダメですよね。
posted by よしえ at 11:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

ソート(2015/11/16)

暇だったのでジョジョSSのソート更新してみました。
だいぶSSRの種類増えてますね。。。
暇つぶしにどうぞ。

◇全色
(とても多いので各色推奨)

(20種に厳選)

◇各色





posted by よしえ at 22:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

雑記

こんにちは、よしえです。


2015y07m08d_123138132.jpg
☆いよいよ

「アイドルマスター シンデレラガールズ」2nd SEASON

が始まる時期になりました。
PVも配信され待ちきれない状況…とても楽しみです。ここまでアニメ始まるのがワクワクするのははじめてかもしれません。
最近アイカツ(いちご世代)が劇場版+125話で、ラブライブは劇場版でクライマックスを迎えており、ひょっとしたらこの時期がアイドルアニメというもののピークなんじゃないかなとも感じてます。そんな中でコンテンツの深さや作りの細かさが見れたデレマスはどんな展開になるのか…本当に楽しみです。
一期は少女たちの心象をうかがいながら観るアニメとしても良いし、男主人公として新たな可能性と衝撃を与えたプロデューサーを愛でるのもよし、実はEDのスタッフクレジットが〜とかリアルのライブとの比較が〜みたいなおたくみたいな見方もまた面白いし、アニメ関係なしにこういうものを作りたい!と思ってしまうほどです。
ユニットはトライアドプリムスがとても好きです。アイカツで言うソレイユ。大正義。

■アイカツ
アイカツは世代交代が完了してややゆるゆるなムードです。
天才のいちごと凡才のあかりが際立った2期終盤とは異なり、あかりが主人公になることで失敗の少ないキャラクターになってしまった…というのが起因しているのかも。
アイカツというアニメの最大の魅力は落ち込む描写の少ないあたたかな展開ながらも教訓や憧れがアイドル活動を支えているというイメージでしたが、2期のクライマックスや劇場版のいちごの物語でそれはやりきって、3期はその要素が薄れているのでこれからどうなるのだろうといった感じ。
劇場版アイカツは、1〜101話までちゃんと観てきたファンを決して裏切らない素晴らしい作品でした。量がすごいので大変ですがゆっくりと楽しんでほしいコンテンツです。
ユニットはかえユリが好きですが二次創作はシリアスばっかりじゃないか(憤怒)

◆ラブライブ
劇場版ラブライブ…はネタバレを控えたいのですが、とりあえず「完結してよかった」という思いが一番に出てきます。
展開としても頑張れば2年かけて3部作ぐらいにはできそうだったのを一気にまとめた作品でした。
中身語りたい人いたら酒でも入れながらしゃべりましょう。














あっそうだ(唐突)
OCGルールマスター&インストラクター無事に合格できました。
いよいよ正真正銘公式の箔も付いた「遊戯王のジャッジ」になってしまうわけです。すごいですね
posted by よしえ at 23:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

そーと

♪L( ^ω^ )┘└( ^ω^ )」♪

訂正版

更新版

(リセマラ用:決戦ヴァニラ除外)

シュトロハイム入ってました


(P+ちひろ+姉ヶ崎追加)
posted by よしえ at 00:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする