2015年12月15日

2015年のアイドルアニメ

今年は「アイドルマスターシンデレラガールズ」にドはまりしました。

導入にインパクトがあり、ライト層を一気に引き込んだラブライブや
女児アニメ特有の自由さと健全さ物語の明るさが大きなともだちに癒しを与えるアイカツなど
いろんなアイドルアニメを観てきましたが、
デレマスについては「コンテンツの化け物加減」に常々圧倒されて今では大ファンになってしまいました。


・ラブライブ劇場版
アニメ論評で今年もっとも印象を残したのは間違いなくこの記事。

当時民度の問題でも騒がれていた「ラブライバー」ですら目立った反発をしなかったほど、
またラブライブを見ていない人にすら説得力を感じさせる内容でした。

「紐の神様」やライトな百合モノといった、ある意味で女性キャラを記号化してコンテンツを「消費」していた時代につくられたラブライブアニメの完結編は、賛否を伴ったものでした。
大事なのは、自分がどう思ったか、なので、他人の意見に流されることなく、かつ無視することもなくコンテンツを楽しめばいいと思っています。
先述のとおり多くのライト層を引き込んだ作品であり、「アニメなんてそんなに深く考えずに楽しめばいいんだよ」と思っている人もいるはずなので、楽しみ方は千差万別です。
劇場監督あいさつでは「ライブシーンを楽しんでほしい」という話もあったので、まあ…………………………………いろんな楽しみ方があるのでしょう。
俺の感想なんて書く必要もないでしょう。


・アイカツ3期→4期
アイカツ3期は大空あかりちゃんが主人公のバトンを引き継ぎ、同級生、後輩と共になんか頑張るアニメでした。
すごい才能をもって順当な成長をしていった星宮いちごちゃんとは真逆だったからこそ本当に魅力的だった「2期」のあかりは3期ではあまり見られなくなっていて、
3期途中で公開された劇場版ではあかりはサポート役ということもあって、本当にバトンを受け継ぐ主人公をまっとうした…という印象を受けます。

4期ではかつてのあかりちゃんを振り返りながら真の主人公あかりちゃんが蘇りつつあるので注目です。
終着点がどこになるのかわからないのもドキドキです。かえユリ。


・デレマス
このアニメに関しては、
リアルタイムで視聴してオタクの解説ツイートも見ながら見直して、1期が終わったらポチポチゲーを少し楽しんでキャラの特徴を抑えながら2期に出てきそうなキャラの勉強もして二次創作も楽しんで、2期を迎えるという楽しみ方を自分自身がしていたので、
ソシャゲの販促もののアニメという側面を持ちながらもアニメ自体作りが非常に丁寧でサイドコンテンツも充実しておりどこまでも楽しめるという、まさに「化け物」「怪物」コンテンツにただただ圧倒されていました。
ライブも現地なら行きたかった。

反面アニメから入った人間として自分は「プロデューサー」ではなく「ファン」なのかなと感じます。
ゲームからこよなくデレマスを愛しているPたちとアニメ勢では思うところもそれぞれあるみたいで、
ゲームを遊ぶ様子や課金への姿勢もまた違うものでした。
アニメについても、全体を通して個人的には大往生レベルの満足感を得られたのですが、
そこもまた人それぞれの意見を持っていて、この作品ですら賛否が分かれるのか…とある種の絶望感も味わいながらアニメの終幕を見送りました。

アニメはアニメでしっかりと完結したものだったので、劇場版は無いといいな〜と思いました。
不完全な部分は妄想で、二次創作で、ちょっとした付けたしだけで楽しめるはずです。



結論
・楽しんだもの勝ちである
意見は他者に押し付けるものではなく、納得させるものを目指す


意見を共有しやすくなった現代だからこそ、楽しむのはあくまで自分であることを忘れちゃダメですよね。
posted by よしえ at 11:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: