2015年07月28日

キューブドラフト2015.7〜構成とサプライについて

ドラフトの季節に入ってまいりました。
こんにちは、よしえです。


今回はキューブドラフトのプールを更新、また使用していたサプライも思い切って替えてみました。
ドラフトリスト サンプル

(8人×2セットぶん遊べるように想定しています)

カード枚数は
メインは8人×2セット×9パック×5枚=720枚
エクストラは別用意で8人×2セット×2パック×4枚=128枚
の構成です。

CLAZU5qUsAAZ5IR.jpg
(ピックしたところのサンプル)


◆エクストラカードの枠
よしえドラフトはメインエクストラ別にしてありますが、エクストラのカードをパワーカード(パワカ)扱いとしてメインプールに混ぜていらっしゃる方もいます。そこらへんはお好みで構成しましょう。
またよしえドラフトだとエクストラが8枚固定と少なめになっていますが、ドラフトピックが冗長になっちゃうんじゃないかというのとメインも少ないしエクストラも抑え目で、という狙いがあります。ここもお好みで調整してみてください。
オンゴさんのドラフトだと基本メインエクストラは別だがメインプールのパワカ枠に強いエクストラカードも入ってました。
《月華竜 ブラック・ローズ》や《クリムゾン・ブレーダー》などかなり強めのカードをピックしてよかった〜という感想戦もしてたのでこれまた楽しかったです。


◆メインカードの構成
よしえドラフトは「恐竜族を活躍できるプール」にしたいがために作っているドラフトです。
ただ他の勢力が結構戦力豊富で大苦戦している…という設定。
恐竜・獣・昆虫・岩石の4種族のモンスターが中心に収録されており、種族を揃えたり組み合わせたりしながら戦います。

何が目的でドラフトをつくるのかはまさに人それぞれです。一昔前のコンバットを駆使したビートダウンの駆け引きを楽しむのも良いし、コンボパーツをかき集めるドラフトもまた楽しい。
ルールマスター研修の時も持ってきていただいた145さんのドラフトは「金のドラフト」!というものでカードのレアリティをすべてゴールドやプラチナに統一したものという、イシゴーさんらしい着想のもとのドラフト構成でした。

公式のもとを離れた上でオリジナリティを持ってプールを作れる、というのも以前の遊戯王のデッキ構築っぽくてとても楽しいです。



■サプライ
ここが本題。
ドラフトのカード枚数がそれなりに多いので費用もけっこうかかってしまいました。

今回の更新で思い切って2重スリーブに挑戦!

・インナー
トレカ研究所の横入れスリーブ 100枚300えん
サイズ忘れた
…トレカパークやたまにTSUTAYAにも売っているスリーブ。おやつスリーブより買いやすい。
インナーについてはコナミ公式はかなりクソな部類なので別のものを探しましょう。


・メインとエクストラ
KMC カードバリアー ハイパーマットミニ レッド 60枚300えん(定価は380)
62×89

81vcUtVTByL._SL1500_.jpg

以前はウルプロミニでしたが、表面ロゴで文字が隠れるのがアレ(普段使わないカードだし)だったり裏が透けるのも全部日版なので大丈夫とはいえ完璧ではないなーと思い新調しました。
エクストラは差別化のためハイパーマットミニの黒を使っています。


・パック詰め用
ブロッコリー キャラクタースリーブ オーバープロテクター 500えん(定価は540)
70×94

51KZIgfZMNL.jpg

2重スリーブにしたところ、通常のキャラスリガードには5枚カードが入らなかったので急きょ変更。
これ以上大きいスリーブはあんまりないのでスリーブ以外の袋にする必要があります。
ちなみに「オーバープロテクター」というのはブロッコリーは出してるけどブシロードは出してないらしい。意外。
そもそも文字の入ったキャラスリガードをブシロードは出していない。



お金の話をすると
インナー
300×9=2700
メインエクストラ
300×15=4500
オーバー
500×3=1500
で合わせて8700えん。スリーブだけでもけっこうかかる

2重は少しお金が弾んでしまうのでやりたいなーと思う人は1重スリーブから始めてみるといいでしょう。


■マーキング(不正ではない)
なぜ2重スリーブにしたかというとイシゴーさんがやっていたマーキング(不正ではない)をパクリたかったからです。
パワーカードや枚数が他と異なるカードに丸型のシールを付けてはっきりわかりやすくします。
インナースリーブの上に貼り付けます。

ニチバン マイタックラベル ML-120 直径8mm
71l+f4lDd7L._SL1500_.jpg
今までは「あーこれパワーカードですわ」と頭で判断していたのが相当楽になるはず。
ちなみにイシゴーさんのドラフトは米版カードに日テキストをラベルで貼り付けて…ということまでしていたのですが、さすがにそこまではできず…w
基本は日版で揃えるので問題はないはず!


▼やりかた
やって慣れろ
が一番です。
これもルールを独自で決められるので、イベントの際には参加者にしっかりとルールを説明したいですね。


■展開
キューブドラフト自体はかなり各地で広まっていて、基本的に大会のサブイベントで楽しまれています。
この前の新参杯でもキューブドラフトがあったのですが大盛況で抽選倍率2倍!とかなっていて、やはり予選落ちてしまったかたの気分転換としてはとても楽しみやすいものだと思っています。僕も0-4のあとに癒されました(泣)

北海道で開催される「a杯」では、なんと予選構築戦の後に本選でキューブドラフトをするという形式を取っており、
これからの大会形式も少しずつ変わっていくのかもしれません。


環境と向き合った構築戦から少し休憩したいときはうってつけのドラフトです。
意外なカードがつよかったりして発見も多く、遊戯王の別方向の楽しみを味わってみましょう!
posted by よしえ at 18:09 | Comment(0) | OCG(ドラフト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: