2018年07月28日

yubit講演会おつかれさまでした+綾奈ゆにこ


先週土曜に「yubit映研オープン企画 vol.1 「LWのサイゼリヤ」特別講義」と題してオフ会と講義の中間…?みたいな催しがありました。
講義内容にここで触れると雑然となってしまうので、省略。
「俺はバカだからわからないけどよォ〜」なんて言えないぐらい、丁寧に講義していただけました。感謝。

本腰入れてOCGをやらなくなった人たちの集まりでもあったので、
非公式のイベントにてこういう講義(内容の難易はさておき)の閑話休題で少しカードでもやりませんか?ぐらいのポジションで遊戯王できる集まりがいいなあ…と思いました。


・綾奈ゆにこ
少し自己紹介があって「最近の推し」とあったので「綾奈ゆにこ(が携わった作品)」と書いて
これ対外向けではなかったな…とおもいました(普通に考えたら作品名など)

(※この本自体は別に読まなくても大丈夫です)
脚本家さんです。特に百合がすきだそうです
脚本
・アイカツ!
6話・・・「サイン」回。話題として頻出
79話・・・かえユリ誕生回 など
・アイドルマスターシンデレラガールズ
18話・・・CI・あんきら回
24話・・・S(mile)ING!回 など
・フリップフラッパーズ
5話・・・学園回
6話・・・「いろちゃん」回 など
シリーズ構成
バンドリ!(アニメ)
フリップフラッパーズ(ストーリーコンセプト)

あたりが有名どころで、別にここで触れなくても知っとるわ!と言われそうですが、いちおう。。。
自分がアイカツやデレアニを視聴していた時は脚本家への意識はゼロだったので、えっこれも書いてるの!?となり
案外脚本家が作品に影響を強く与えているのもウソではないのかもな…とは思いました。

特に言葉の選び方にこだわりがあるな〜という印象を受けます。あと体言止めとかのクセがけっこう強いです。
どれもおすすめな作品でまとめきれなかったので、脚本家さんの名前を挙げることになりました。


興味のあるものは、対外的に引かれない程度にすっぱり話せるようになるといいですね…。
最近の面白い映画何?って聞かれたら
「う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん(リズもパシリムもオタクだしニンジャバットマンも大衆向け?ではないな?)」と悩むのではなく
「ポケモン」と言っておけばOKなわけです。
ちなみに「みんなの物語」、超よかったです。ぜひどうぞ(無理矢理)。
posted by よしえ at 23:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

夜は短し歩けよ乙女(映画) 感想

320 (1).jpg

第41回オタワ国際アニメーションフェスティバル長編部門グランプリ、第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞。
あの『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を差し置いての受賞。つよそう



曰くひふみさんの100点。映研での上映前にはすごいリリックも飛び出し流石に期待度MAXで挑んだこの作品。
前々から興味はあったし、今夏の「ペンギン・ハイウェイ」もあるのでひとまずこれで一発優勝してきますわ!


>>記事の続きを読む
posted by よしえ at 02:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする